ぎっくり腰の治し方

ぎっくり腰の治し方

ぎっくり腰の治し方

年末の大掃除の季節に多い、ぎっくり腰の治し方についてのページです。

正式には急性腰痛症という症状で、安静にしていれば自然治癒力で3週間程度-3ヶ月以内に治ることがありますが、多くの患者さんができるだけ早期に回復しなくては、日常生活に支障があるので整骨院に来院されます。

急性腰痛症(きゅうせいようつうしょう、英: Low back pain)は、突然腰部に疼痛が走る疾患で、関節捻挫・筋肉の損傷・筋膜性炎症などの症状をいう。ja.wikipedia.org/wiki/%E6%80%A5%E6%80%A7%E8%85%B0%E7%97%9B%E7%97%87

明石市 すぎおか鍼灸接骨院の場合

明石市のすぎおか鍼灸接骨院では、ぎっくり腰の患者様に対して、下記のような処置で対応しております。
ぎっくり腰の強い痛みは、組織自体が傷ついた痛みもありますが、急性期の痛みの原因は、損傷した組織を守るために筋肉の緊張が強まったり、筋肉のけいれんが起きることが、主な要因であることが多いです。

治療は、急性期、はり治療や筋肉を軽くほぐす事で回復を早めます。
急性炎症の時期は、マッサージや強い整体は炎症を増長するため、マッサージをしてもらうことはやめましょう。

急性期の炎症症状の時期に、炎症を悪化させずに、筋肉の緊張緩和や、軽いゆがみを、軽く優しい治療法で改善することになります。 もちろん炎症を鎮めるために、安静にする事が大切です が、より早期回復を促すために筋肉の緊張を和らげたり、炎症物質の除去、患部の固定、などが病状の時期により必要となります。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA