柔道整復術

接骨院の基本施術である柔道整復術のご紹介です。
スポーツのケガ、日常生活の中で生じた、打撲、捻挫、脱臼、つき指、骨折などに対して、人間の持つ自然治癒力を最大限に生かし、手術や薬などの方法にたよらずに、手技でその回復を図るのが柔道整復術です。
柔道整復の主な治療法は、手や手のひらを使い、患者さんの体にさまざまな刺激を加え、人間の身体がもともと持っている自然治癒力を引き出す「手技療法」。運動を積極的に取り入れることで機能回復を図る「運動療法」。電気や光、温熱、冷却、音波、水などの物理的エネルギーを用いて身体の機能が正常に働くように行う「物理療法」。身体を温める「温熱療法」などを行います。

柔道整復術のはじまり

柔道において骨折・脱臼はよくあるケガでしたので、柔道家がその場で処置するという事がよくありました。
近所に住む人たちも、自分たちが骨折・脱臼した際には、その柔道家の元を訪れて、治療してもらったのが柔道整復術のはじまりです。

安全性について

柔道整復術は厚生労働省が許可した専門の養成施設、もしくは文部科学省の許可した学校で学んだ柔道整復師が行います。国家資格として国から認められた医業類似行為ですので安心で安全です。

骨折

医師の同意の上においての治療を行います。提携する病院の医師と綿密な情報のやり取りを行い、整復や固定を行うことで、骨折してしまった箇所の骨接ぎを行います。

脱臼

医師の同意の上においての治療を行います。肩や肘、膝、顎、指などの関節が外れた場合、関節を構成する骨同士の関節面が正しい位置関係を失っているので、元の位置に戻します。

打撲

生活の中で転倒などしてあざなどが出来てしまう打撲や打ち身に対しては、非観血的療法で対処しています。
【対処方法】

  1. 外傷ある場合が、患部をきれいに洗浄し、消毒します
  2. 内出血を抑えるために局所的に冷却するアイシングをします
  3. 痛み、腫れの症状が収まったら、温熱療法で内出血の吸収を促進させます

※強い衝撃を受けた場合の打撲は、病院での精密検査をご紹介しています

捻挫

スポーツや生活の中で、思いもよらず体制が傾いた場合、関節に関節の許容範囲を超えた動きが与えられて、損傷する場合があります。捻挫の症状としては、多くは患部に痛みと腫脹があり、熱いと感じると言われています。
【対処方法】
可動域以上の運動を強要されたことによる損傷のために、しばらくは患部の動きを最小限に抑える事が必要であるために、包帯やテーピングで固定を行います。しかし、固定のしすぎは、その後の関節の可動域が少なくなることもあるので調整が必要です。炎症症状が収まるまで、患部を冷やしすぎない程度に冷やす必要があります。

まとめ

当院では柔道整復術を用いて、地域の病院の医師と連携し、患者さまの骨折・脱臼・捻挫・挫傷・打撲などの症状を出来るだけ早く回復させるよう心がけております。
スポーツや日常生活で、早期回復をお手伝いさせていただきますので、お気軽にご相談ください。

柔道整復術(じゅうどうせいふくじゅつ)とは、柔術に含まれる活法の技術を応用して、骨・関節・筋・腱・靭帯などの原因によって発生する骨折・脱臼・捻挫・挫傷・打撲などの損傷に対し手術をしない「非観血的療法」という独特の手技によって整復や固定を行い人間の持つ自然治癒能力を最大限に発揮させる治療術。日本独自の治療技術である。

wikipedia-『柔道整復術』