腰椎分離症(腰椎すべり症)の治療

明石にお住いの方で病院で腰椎すべり症と診断されたら、魚住駅からすぐにある、すぎおか鍼灸接骨院にお任せ下さい。
腰椎分離症(腰椎すべり症)の治療が得意な接骨院です。

多くは体が柔らかい中学生頃に、ジャンプや腰の回旋を行うことで腰椎の後方部分に亀裂が入って起こります。外傷のように1回で起こるわけではなく、部活動の練習などで繰り返して腰椎をそらしたり回したりすることで起こります。一般の人では5%程度に分離症の人がいますが、スポーツ選手では30~40%の人が分離症になっています。
分離症は10歳代で起こりますが、それが原因となってその後徐々に「分離すべり症」に進行していく場合があります。

治療する方法

当院での治療方法は回旋動作の積み重なりによってできたゆがみを見ていきます。筋緊張に対しては腰の筋肉は分厚く鍼治療やスポーツマッサージを用いることがほとんどです。しびれがある患者様に対しては腰や臀部のみならず足にも鍼をしています。

実際の通院事例

10代の野球少年。ポジションは捕手で連戦が続き腰に痛みを感じてきた。次第に痛みで座ることも困難になり、整形外科に行ったところ腰椎分離症の診断を下された。湿布と痛み止めを飲むがなかなか競技復帰できず、当院に来院。矯正治療と鍼治療を併用し3週間で痛みはほぼ寛解。競技復帰後も定期的に通ってもらった。