寒い冬に起こる頭痛とは

明石の大手口コミランキング1位のすぎおか鍼灸接骨院です。
image
厳しい寒さが続いていますが、みなさん、体調を崩されていませんか?明石市では感染性胃腸炎が流行り、インフルエンザも少し出てきているようなので、帰宅後は手洗い・うがいをしっかりとして予防してくださいね。
寒い日が続くと、頭痛がひどいと感じる方が多いと思います。気温と頭痛には関係があるのでしょうか?
そこで調べてみました。室内と室外で気温差があるとやはり頭痛が起こるようです。寒いところから暖かい部屋に入ると、寒さで脳の血管が急に広がるため、血管の周りに炎症が起きて広がった血管と炎症が感覚神経を刺激して痛くなるようです。逆に、暖かい部屋から寒い外に出た時には、寒さで急に血管が縮み、首や肩の血行が悪くなり、筋肉が緊張して頭の周りが痛くなるようです。冬に起こる頭痛はそれだけではありません。暖かい室内にいても起こります。ストーブやファンヒーターが欠かせないこの時期、どうしても室内の酸素が薄くなり、酸欠状態になってしまうため頭痛が起きやすくなります。このように血液の循環のにぶりが度々頭痛を引き起こしているのです。慢性の肩こり、首こりをお持ちの方、首元や肩をしっかりとあたため、血流が悪くならないように冷え対策をしっかりとしてくださいね。


すぎおか鍼灸接骨院
TEL 078-947-7628
明石市魚住町西岡323-1


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA