寝違え{突発性頸項痛}について(´・ω・`)

明石の大手口コミランキング1位のすぎおか鍼灸接骨院です。

index-top-01

突発頸項痛とは、一般的には「寝違え」と呼ばれます。

 

前夜まではなんともなかったのに、朝起きるとくびが痛くて回らないという急性の頚痛で変な姿勢で寝ていたためにくびに起こる一種のねんざです。

 

これは、枕が高すぎたり、長時間不自然な姿勢をとり続けた結果、頸項{くびから肩}の筋肉がかたくなって固定されてしまうために起こります。振り向いたときに、くびが動かせなくなるのも同様の症状です。

 

もし寝違えになってしまったら、無理に動かしたり、自分でグリグリと揉んだりせずに、肩を回したり、上下に動かしたりして周辺の筋肉の緊張を和らげるように心がけてください(*^-^*)

 

また当日は炎症をひどくする可能性があるので、お風呂は控えて、シャワーにしましょう。ほとんどが一時的な症状で、数日もたてば自然に治ります。

 

あまり我慢せずに早めに治療をすれば、少ない治療で症状も楽になります。

 

大切なことは、くびの痛みや寝違えを繰り返さないようにすることです。当院ではその人それぞれの根本原因にアプローチしていきます。

 

また、寝具や姿勢に関するアドバイスや首の調整ストレッチなどもお伝えして、再発防止に努めます。できるだけ早めにご来院ください。

 

すぎおか鍼灸接骨院

TEL 078-947-7628

明石市魚住町西岡323-1


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA