ぎっくり腰に要注意!鍼治療をおすすめします!

明石の大手口コミサイト1位の、すぎおか鍼灸接骨院です。

story-02

物をとる時に右手、右足を前に出す「右重心型」は重いものを動かそうとしてぎっくり腰になりやすいんです。体重を減らしたり、腹筋力をつけましょう!

また、枕の高さ(背骨と頭が直線になる枕がいい)や、バックのかけ方(片肩にかけないリュックサック型がいい)などにも注意が必要です。

腰痛が慢性化している人は椅子に深く腰掛け、中腰で仕事をしないようにしましょう。

もしもぎっくり腰になってしまったら、とにかく最初は冷やすこと!

腰痛には慢性と急性があります、急性腰痛であるぎっくり腰や椎間板ヘルニアにも腎臓、肝臓、消化器などが、冷えや疲労で弱っていると起こりやすくなります。

急に腰の激痛に襲われた場合は、とにかく冷やしましょう。

急性腰痛の激痛は筋肉の痙攣やじん帯の炎症によるものです。初期に温めてしまうと、炎症が悪化して大変です!そして痛みが少し落ち着くまで、安静にすること。痛みが少し引いたら、誰かに付き添ってもらい、通院することをおすすめします。

当院の鍼治療はお一人お一人の症状をよくお伺いし、やさしく丁寧に治療しますので鍼治療が初めての方でも大丈夫です。お気軽にご相談くださいね(^-^)

 

すぎおか鍼灸接骨院

TEL 078-947-7628

明石市魚住町西岡323-1


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA