☆くびのゆがみに「枕なしゴロ寝」☆

明石の大手口コミランキング1位のすぎおか鍼灸接骨院です。

wiplash_injury02

くびには、私たちが生きていくのに非常に重要な器官がたくさん集中しています。食べ物が通る食道、空気が通る気管、心臓から脳に血液を送る頸動脈。

 

頭を支える脊髄の中には、脳からの指令を全身に伝える神経の束が通っています。これらは、どれも、私たちが生きるために欠くことができないものばかり。だから、くびにトラブルが起こると、全身に症状が起きるんです。

 

30代に入ると、誰でもくびの関節や筋肉は衰え始めます。さらに、パソコンなどで長時間無理な姿勢を続けたり、体に合わない椅子を使ったり、いつも左手のしびれやビリビリ感があらわれ、第4段階になると顔以外の全身がマヒしてしまうのです。

 

またくびがゆがめば、胃腸の病気や狭心症、がんや肺炎などの危険もアップすると言われています。

 

では、くびのゆがみを直すにはどうしたらいいのでしょうか??

 

私たちがおすすめしているのは、5分間あお向けに寝るだけの枕なしゴロ寝ポーズです!

 

方法はとてもシンプルで、フローリングなど平らでかたい板の上にあお向けになり、体をまっすぐにして寝るだけです。全身をリラックスさせて、腰からくびまでが一直線になるようにしましょう。

 

夜寝るときも、仰向けに眠るよう心掛けてください。毎日続ければ、くびが原因で起こる頭痛や肩こり、腰痛などがだんだんと楽になっていくはずです。

 

くびの痛みでお悩みの方、1度当院へご相談ください(*^-^*)

 

すぎおか鍼灸接骨院

TEL 078-947-7628

明石市魚住町西岡323-1

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA