ネギの青い部分にあるヌルを食べると「インフルエンザ予防」になるの🙌!?

明石の大手口コミランキング1位のすぎおか鍼灸接骨院です。

インフルエンザ…流行ってますねぇ(´;ω;`)怖いですね…。。毎年、家族全員予防注射をしますが…子供たちは毎年かかってしまいます💦

先日TVで、「ネギの青い部分にある粘液=ヌルが、免疫力を上げて、がんやインフルエンザ、肺炎、肝炎の予防効果が期待できる!!という内容が放送されていました✨例えば…

 

♦唾液などに含まれ細菌やウイルスをやっつけるIgA抗体」1.5倍

♦細菌やウイルスを食べて処理してくれる「マクロファージ」5倍

♦がん細胞など異常な細胞を攻撃し殺す「ナチュラルキラー細胞」3~4倍
働きがアップしてくれるんだそうです(*^-^*)ヌルは、ネギの青い部分にあるので、ヌルの効果を得ようとするなら、ネギの青い部分を食べる必要があります😊

青い部分は、乾燥するとぬめりがありませんが、水につけるとドロっとしたヌルがあることがわかるんだそうです👍

 

ヌルは加熱しても冷凍しても免疫力を高める効果は変わりません!!

 

なので、この冬さまざまなヌル料理を食べて免疫力をアップ⇈させましょう(*‘∀‘)

 

今年も残りわずかですね…。

 

皆様、今年もたいへんお世話になりました。来年もよろしくお願い致します。

 

では、よいお年を~(人’’▽`)✨

 

すぎおか鍼灸接骨院

TEL 078-947-7628

明石市魚住町西岡323-1

https://line.me/R/ti/p/%40aea6455s


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA