(明石市)子宮筋腫・子宮内膜症…不妊症の一因となります💦(不妊治療)

明石の大手口コミランキング1位のすぎおか鍼灸接骨院です。

患者さんによく聞かれることのひとつに、「私は子宮筋腫(または子宮内膜症)なんですが、不妊治療に差し障りはありますか(;´・ω・)❓」という質問があります!!

 

これらの症状と不妊治療の関係性について触れておきましょう(._.)☝

 

❝子宮筋腫も子宮内膜症も不妊症の一因だとは思いますが、でもそれらの疾患をもっている人が絶対妊娠しないかというと、決してそうではありません❢❞

自然妊娠して妊婦健診に行き、そこではじめて「筋腫がありますね…」といわれる人も多くいます。

 

つまり直接的な原因ではないということです!!

 

『子宮筋腫』とは、子宮内にできる良性の腫瘍のことで、自覚症状がほとんどないのが特徴です。それ自体が命にかかわるものではありませんが、子宮内膜症と同様、できる場所によっては不妊症の一因となります。

 

『子宮内膜症』は、生殖年齢女性の約1割にあるといわれています。子宮内膜様の組織が卵巣や子宮の外側など本来の子宮内腔以外で発生する疾患です。卵巣の表面にできれば排卵しづらくなりますし、卵管の周囲にできると癒着が起こりピックアップ障害の一因となります。

 

子宮内膜症の一種で、卵巣の中に古い血液が貯留してチョコレートのようにみえるのが「チョコレート嚢胞」です。

 

いずれの場合も、子宮内膜症の存在は妊孕性を低下させ、不妊の一因となります。

 

🌹明石の不妊治療は『はり+整体』の不妊体質改善🌹

明石の不妊治療は『はり+整体』の不妊体質改善

 

すぎおか鍼灸接骨院
TEL 078-947-7628
明石市魚住町西岡323-1
https://line.me/R/ti/p/%40aea6455s


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA