(明石)妊娠しやすい体になるにはカフェインレスのハーブティーはいいの?(不妊鍼灸)

明石の大手口コミサイト1位の、すぎおか鍼灸接骨院です。

妊娠中はカフェインの摂取を控えないといけませんが、いつ妊娠してもいいように、妊活中からコーヒーや紅茶などのカフェインを控えている方もいらっしゃいます。

 

カフェインは尿に排出されるカルシュームの量を増やすので、妊娠中に必要不可欠なカルシウムが流れ出てしまいます。

 

また鉄分吸収の妨げになったり、胎児の発育に影響したりすることもあるため、妊娠中のカフェインは避ける必要があります。

 

ですから妊活中からカフェインを控えていただくのはいい傾向ですが、カフェインを避けるためにハーブティーを飲む女性も少なくありません。

 

ハーブティーはリラクゼーション作用があったり、ホルモンバランスを整えたりという穏やかな薬効があり、上手に活用すれば問題ありません。

 

ただし、妊娠中は避けた方が良いハーブもあり、妊活中にも気をつけなければいけないハーブが存在します。

 

ハーブの専門家は、妊活中に芳香浴として精油の香りをかぐのはどんなハーブでも構わないが、ハーブティーとして飲んだり、アロマオイルでマッサージして経皮吸収したりするときは注意が必要だといいます。

 

特に、ジャスミン、クラリセージ、ゼラニウム、ロース、ローズマリー、ラベンダー、カモミール、セントジョーンズワート、レモングラス、セージなどのハーブは、子宮・卵巣など、骨盤内の血流を促す作用があります。

 

これは通経作用と呼ばれ、月経から排卵までの期間は積極的に摂って欲しいのですが、同時に月経を促す作用があるため排卵から月経までの期間、また妊娠中には避けた方が良いとされています。

 

これらは子宮を刺激したり、収縮作用もあったりするので、妊娠中に飲むと流産や早産の原因となる可能性もあります。

 

少し飲む位で影響はありませんが、念のために避けていただくことをお勧めします。

 

ハーブティーを飲んだり、アロマオイルのマッサージを受けたりする際は、子宮に影響がないものを選んでくださいね。

 

 

すぎおか鍼灸接骨院

TEL 078-947-7628

明石市魚住町西岡323-1

https://line.me/R/ti/p/%40aea6455s


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA