(明石)過度なランニングは排卵障害の原因になる⁉️(不妊鍼灸)

明石の大手口コミサイト1位、すぎおか鍼灸接骨院です。

実は、女性の陸上選手の中には生理が止まっていたり、生理不順になっている人が少なくありません💧

 

ボディービルの選手も同じですが、共通するのは体脂肪が少なすぎるということです。

 

そもそも体脂肪が少なすぎると、体はエネルギーが不足していると判断し、エネルギー節約のために自分の生命維持と関係がない排卵をストップさせてしまいます。

 

その結果、無月経、月経不順となり、排卵障害のため妊娠のチャンスがなくなってしまうのです😥

 

アスリートなら、生理が来なければ、生理痛で練習を休まなくてもよくなりますし、試合に勝つためには生理が邪魔だと考えるかもしれません。

 

しかし女性ホルモンが全然出ていないため、閉経後の人が骨折しやすくなるのと同じように、骨粗しょう症になってしまうというリスクもあります❗️

 

有名なアスリートの中にも若いのに骨粗しょう症で骨折をして選手生命が絶たれた人はたくさんいます。

 

最近はランニングをする女性はおしゃれでかっこいいイメージがありますが、はまりすぎて、どんどん体脂肪が落ちていくと、無月経や月経不順になる恐れがあることを覚えておいてください。

 

女性の場合、体脂肪率が17%以下、BMIが17.5以下で半数以上の人が無月経になるというデータもあります。

 

健康的な女性の体脂肪率は20〜30% とされています。

これは運動に限らず、食事制限等によってダイエットする場合も同じです。

拒食症の女性は無月経になることが多いですし、とても妊娠はできません。

 

妊娠を希望する女性が運動する事は良い事ですが、激しい運動で体脂肪を落としすぎることも控えてくださいね😌

 

 

すぎおか鍼灸接骨院

TEL 078-947-7628

明石市魚住町西岡323-1

https://line.me/R/ti/p/%40aea6455s


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA