(明石)不妊治療でも男女の産み分けってできるの(・・?(不妊治療)

明石の大手口コミランキング1位のすぎおか鍼灸接骨院です。

不妊治療をされている方の中にも「男の子が欲しい☆」「女の子が欲しい♡」と願う方はたくさんいらっしゃいます❢では、実際、不妊治療で男女の産み分けは可能なのでしょうか❓

 

現実的には、『むずかしい…』と考えてください(>_<)着床前診断を用いれば可能ですが、日本では認められていません(/o\)

 

多層パーコール法を用いれば、男の子になるY精子と女の子になるX精子をある程度分離でき、その精子を用いた人工授精をするという方法もありますが、確実ではありません。

 

また『非配偶者生殖医療』についても紹介したいと思います( ˘ω˘ )

 

非配偶者間人工授精(AID)、卵子提供、代理母などのことをいいます。AIDは夫が無精子症の場合、第三者の精子を用いて人工授精を行う方法で、日本産婦人科学会の登録施設で行われています。

 

卵子提供、代理母といった治療については、これらを認めるかどうか世界各国で見解が異なり、日本でも厚生労働省で継続的に検討を続けていますが、いまだに法の整備がされていません。

 

 

🌹明石の不妊治療は『はり+整体』の不妊体質改善🌹

http://sugioka777.com/%E4%B8%8D%E5%A6%8A%E6%B2%BB%E7%99%82/

 

 

すぎおか鍼灸接骨院

TEL 078-947-7628

明石市魚住町西岡323-1

https://line.me/R/ti/p/%40aea6455s


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA