(明石)初産年齢31歳、晩産化が進んでいます(不妊鍼灸)

明石の大手口コミサイト1位、すぎおか鍼灸接骨院です。

いつかは赤ちゃんを産みたいけれど、仕事は忙しいし、もう少しキャリアを積んでからにしたい。

あるいは、結婚も出産も望んでいるけれど、相手がまだ見つからないから、もう少し先の話かな…。そんなふうに考えている女性はとても多いようです。

 

厚生労働省の人口動態統計によると、第一子を生む初産年齢は年々上昇し、2011年には全国平均で初めて30歳代に突入。

その後も少しずつ上がり、2014年には30.6歳になりました。

 

1980年には初婚年齢が20.2歳。

初産年齢が26.4歳でしたから、この34年間で4歳ちょっと遅くなっています。

晩婚化と歩調を合わせて、晩産化が確実に進んでいるのがよく分かります。

 

妊娠には厳然としたタイムリミットがありますから、「いつかそのうち」とのんびり構えてはいられないのが現実。

 

実際、「もう少し後で」と思っているうちに時間が過ぎ、本気で考えだした頃には妊娠しづらい体になっていたということも珍しくないのです。

 

でも、月経だって毎月きちんと来ているのだから、いざとなったらすぐに妊娠できるはず…。世の中には 40代で妊娠出産した人だってたくさんいるのだから…。そう思っている方もいるでしょう。

実は、そこに落とし穴があります‼️

たとえ月経が毎月来ていても、年齢とともに卵子の老化が進み、水面下では徐々に妊娠しにくい体になっているのです。

 

また妊娠力は個人差がとても大きく、40代ですんなり妊娠・出産できる人もいれば、妊娠が難しくなる人もいます。むしろ40代で妊娠・出産ができる人は例外的だと考えておいた方が良いでしょう。

 

気がつかないうちに忍び寄る妊娠力の低下💧

女性ホルモンの減少が表面化するよりも早く、その変化は始まっています。

 

 

 

すぎおか鍼灸接骨院

TEL078-947-7628

明石市魚住町西岡323ー1

https://line.me/R/ti/p/%40aea6455s


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA