(明石)妊娠に関係する臓『腎・肝』とは( ˘ω˘ )(不妊鍼灸)

明石の大手口コミランキング1位のすぎおか鍼灸接骨院です。

現代のストレス社会において、人それぞれに気・血の流れの変調は必ずあります。だからこそ、鍼灸治療はすべての人に効果があるといっても過言ではありません(^-^)👍

 

東洋医学においては、大きく分けて肝・脾・肺・腎の4つが、妊娠に影響するといわれています。実際に不妊治療を受けている人を観察すると、特に肝・腎の力が不足している人が多く見られます。

 

昔から、「腎は精を貯蔵する『作強の官』」(生命エネルギーの強さを作り出すもの)と呼ばれ、人体の生命活動を維持する基本的な栄養物質である精を貯蔵し、五臓六腑の要求に応じて随時その精を供給し、それらの健全な働きを維持しているといわれています。そして全身の勢力を与え、粘り強さや根気を生み出すとされています。

 

✽腎とは‥生殖能力において腎は非常に大切であり、どんなに年齢が若くても、生活環境や食生活などで腎の力で不足してくると、生殖能力が衰え、しだいに卵巣機能や子宮機能が低下し、無排卵や無月経、子宮内膜が薄くなり、着床しにくいなどの症状が出てきます。

 

✽肝とは‥肝は血を蓄え、体の血量を調節する働きをしています。肝は過度の怒(怒る・イライラする)が起きると、精神上のはげしい刺激を受けてその正常な働きができなくなり、ひどいときには吐血まで引き起こすことがあるといわれています。特に骨盤内の流れが悪くなることにより、冷え性、瘀血が出現してきます。

 

🌹明石の不妊治療は『はり+整体』の不妊体質改善🌹

明石の不妊治療は『はり+整体』の不妊体質改善

すぎおか鍼灸接骨院
TEL 078-947-7628
明石市魚住町西岡323-1
https://line.me/R/ti/p/%40aea6455s

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA