(明石)高プロラクチン血症💦妊娠にどんな影響があるの👀❔(不妊治療)

明石の大手口コミランキング1位のすぎおか鍼灸接骨院です。

高プロラクチン血症と診断され、テルロンを飲んでいる患者様が、「薬の副作用で悩んでいる…薬を飲まなくても遅くなりながらも一応排卵はしているようなので、できれば飲みたくない😣 高プロラクチン血症が、排卵障害になるほかに妊娠にどんな悪影響があるのか教えてください😥」と相談に来られました。

 

高プロラクチン血症でまず問題になってくるのが、排卵障害です。

 

排卵は基本的には18日目より早く持ってきたほうがよい卵を排卵しますので、なるべく早くなるように治療しなければなりません。しかし、高プロラクチン血症の薬は、吐き気、嘔吐という副作用があります😭

 

自律神経のアンバランスがホルモンのアンバランスにつながっていることがあり、このような場合は鍼灸治療がとても効果的になります😊☝肩甲骨の内側や両側の乳房の間の正中線上にあるダン中というツボを押してみてください。圧痛があるようでしたら、鍼灸治療が効果的かもしれません😌

 

不妊治療でお悩みの方は、お気軽にご相談下さい😊

  

🌹明石の不妊治療は『はり+整体』の不妊体質改善🌹

http://sugioka777.com/%E4%B8%8D%E5%A6%8A%E6%B2%BB%E7%99%82/

 

 

すぎおか鍼灸接骨院

TEL 078-947-7628

明石市魚住町西岡323-1

https://line.me/R/ti/p/%40aea6455s


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA