寝違えを治す方法

朝、目が覚めた際に、頸部に痛みを感じることがあります。首を曲げると激しい痛みを感じることがあります。
このような状態を「寝違え」と呼びます。

寝違えは就寝時に長時間首が左右上下どちらかに傾き、捻挫によって筋肉を傷めてしまうことで痛みがでます。
酷いケースでは腕にしびれを伴うことがあります。

また寝違えには自律神経や呼吸器系の疲れなどが反映されて症状がでてしまうことがあります。

治療の方法

一般的には痛みは1週間程度で引いていきます。日常生活では無理に首を動かさず、安静にすることが大切です。
原因が、頸椎の関節や筋肉・靭帯である場合は筋肉を緩める必要があります。
痛みに耐えられない場合はお近くの整骨院の柔道整復師にご相談ください。

明石市魚住町近隣の患者様へ

明石市魚住町近隣の患者様には、当院にご来院頂くことをおすすめします。
痛みが出た経緯から今の健康状態を聞きだし最適な治療をご提案させていただきます。
寝違えの治療は鍼治療がおすすめです。
鍼は筋肉の張りを取るのにすごく有効で、どうしても指ではほぐせない体の奥の筋肉までしっかりとほぐすことができます。
また自律神経や呼吸器系にも原因がある場合には全身の反応点(ツボ)の状態を診て健康状態を整える治療も平行して行うことができます。
痛みが取れてくれば手技などで筋肉をほぐしながら、筋肉に引っ張られた骨格・ゆがみに対しての治療を行い再発しにくい状態にして初めて完治とさせていただいております。

寝違えに関するよくある質問

私たちは必ず睡眠をとりますので、誰にでも寝違えをする可能性があります。
ですから、当院にも寝違えの治療で来院される患者さんが多数いらっしゃいます。
患者さんから寝違えについて聞かれる質問をご紹介します。

温めた方が良いのか冷やした方が良いのか?

「寝違えをしたときはどうしたらよいの?」
「温めた方が良いのか?冷やした方が良いのか?」
という質問を受けます。

寝違えは頚部の炎症によることが多いので、炎症の治療としては冷やした方が良いといえます。
しかし、原因が自律神経や呼吸器系の疲れによる場合は炎症の治療を優先するよりも、下半身を温めて体調を整えることが先決です。

病院は何科に行けばよいのか?

寝違えで病院に行く場合は、整形外科を受診してください。
レントゲンを撮ってくれますので、痛みの原因が単なる寝違えなのか、他に起因するものなのかを見極めてもらえます。
寝違えで痛いのかどうかがはっきりしない首の痛みは病院に行くことをお勧めします。

温湿布が良いのか?冷湿布が良いのか?

痛みがある場合は、炎症がありますので、炎症の治療方法として冷湿布を貼ってください。
痛む場合は温めることが症状を悪化させてしまいますので、お風呂も首まで浸からずに早めにお風呂から出てください。

ストレッチは効きますか?

効きません。
腋窩(えきか)神経圧迫によることを原因とする説があり、ストレッチで治ると考えている方もいらっしゃいますが、どうしても気になる場合は試してみても良いかもしれませんが、ゆっくりと無理のない動きで痛みを伴うことは避けましょう。痛みを伴うという事は炎症を悪化させているということになります。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA