野球肩

野球肩は三角筋炎、腱板炎、リトルリーガーズショルダーともいわれ、野球をしている人に起こりうるスポーツ障害です。

直接の原因は投球動作中の反復により組織が損傷を起こします。

一般に年齢,投球期間が増えると,傷害される組織が多岐にわたり,軟骨の変性,靭帯の断裂,関節拘縮などの症状がでてきます。

投球動作で傷む箇所が異なる

投球動作は準備期(ワインドアップ)・加速期(テイクバック)・減速期(ボールリリース・フォロースルー)に分けるとそれぞれの場面で,関節にかかる負担が判別しやすくなります。

準備期(ワインドアップからトップまで)

準備期では,投球動作で上体を速く開いてしまうと,靭帯や筋などの軟部組織が上腕骨頭を受け止めることになりルーズショルダー,腱板疎部損傷をひきおこします。

加速期(テイクバック)

加速期では肩峰(肩甲骨)の下で腱板が激しく動くため,インナーマッスルとアウターマッスルのバランスの崩れにより,インピンジメント(骨と骨で筋肉を挟んでしまう)や肩腱板損傷(腱板損傷・断裂)が問題となります。

減速期(ボールリリース・フォロースルー)

減速期では後方の関節包が引き伸ばされ,後方ベネット病変をおこしたり,関節前方部分では骨同士の衝突で上方関節唇損傷を起こしたりします.

治療方法

野球肩には鍼治療で対処させていただきます。痛みがある期間は安静にして、鍼とスポーツマッサージを受けて頂きます。治療期間に傷んだ箇所から投球フォームの修正点を見出し、フォームの見直しや今後の対処方法のご相談にも乗らせていただきます。