SLAP損傷

SLAP損傷と診断された場合、スポーツ障害に詳しい明石市魚住のすぎおか鍼灸接骨院にご相談ください。

SLAP損傷とは

SLAP損傷とは肩関節上方関節唇損傷(SLAP損傷)という正式名称で、肩を動かすスポーツをされている方に比較的多い方の傷害です。投球動作時に,肩関節前方に痛みがあるときは肩関節上方関節唇損傷(SLAP損傷)・上腕二頭筋腱損傷や肩腱板損傷,肩関節前方不安定症が疑われます。これらはMRIによって断定されます。

治療方法

針やスポーツマッサージによる局所の循環の改善や炎症を抑えます。また投球フォームが痛みの原因になっているので投球フォームの指導、トレーニング指導も行います。

実際の通院事例

10代の高校で硬式野球をしている男性の患者様が来られ、特にフォロースルー期に右肩の前方に痛みが発したので来院。
次の日が試合と言うことだったので念入りに検査したところSLAP損傷が疑われた。
とりあえず明日の試合に出たいとのことだったので鍼治療を行い、テーピングを巻き試合に出場してもらった。
試合当日は痛みがなかったが試合後は少し違和感を感じたとのことだったので総合病院でMRIの検査をしてもらい、肩関節上方関節唇損傷(SLAP損傷)との診断が下された。