水を動かす

img-medical3[1]
こんにちは

学生時代にはりの先生からよく言われていたのが「水を動かせ」という言葉でした

東洋医学の世界では薬は使わず、はり・きゅう・漢方の治療がメインです

はりやお灸をしたところには血があつまってきます

いわゆる血行がいい状態です

腰が痛い人はよく足に鍼を打つことがありますが、これは腰に溜まった悪い血を全身に散らすために足に打つことが多いです

第二の心臓といわれる足に鍼を打つことで全身の血行がよくなり体が楽になります

血行がよくなるだけでなくリンパ液を動かすことで体の老廃物も除去することが出来ます

老廃物といわれる活性酸素が溜まるとがんなどの原因になります

低体温の方はとくに全身の血行がよくないことが原因のひとつです

鍼をすることで特有の調整効果を得られ体が楽になりますのでぜひともお試しください

すぎおか鍼灸接骨院
明石市魚住町西岡323-1
078-947-7628

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA