シンスプリント 対処法

明石市の魚住でシンスプリントの施術に実績があるすぎおか鍼灸接骨院です。
シンスプリントに湿布をしても効果があるのか?
このテーマについてですが、
実は患者さまからの質問がとても多いです。
『子どもがシンスプリントなのですが、湿布をしてもよいですか?』
『温める湿布がよいのでしょうか、冷やす湿布がよいのでしょうか?』
『いつ湿布をすればよいのですか?』
など、様々なご質問をいただきます。
シンスプリントという痛みは脛骨という骨の炎症がその原因なのです。
炎症が起きているということを考慮すると、
湿布を貼っていただくということには、まったく意味がないということではありません。
ただし、湿布自体がどこまでその炎症を抑えてくれるのかというと、
なかなかその炎症は退かないのがほとんどです。
しかし、シンスプリントでも初期の場合でしたら、
効果が発揮される場合もあると思いますので
貼ることで痛みが緩和されるということでしたら貼っていただいたらよいと思います
炎症を引かせる為にはアイシングをすることをおすすめします
氷水で15分ほど冷やすと効果的です
あとシンスプリントは後脛骨筋というふくらはぎの中でも深いところにある筋肉の炎症も原因になります
鍼治療や超音波治療を併用するともっと治りが早くなります

すぎおか鍼灸接骨院
明石市魚住町西岡323-1
078-947-7628

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA