夜中に突然足がつる‼…鍼灸で改善を☆

明石の大手口コミサイト1位の、すぎおか鍼灸接骨院です。

acupuncture_moxibustion-4

寝ているときや朝方に足がつる人は非常に多いようです。

激しい運動をしている最中に足がつるのは筋肉の疲労が原因、また、準備運動をしないでプールに入って足がつるのは急激に冷えたことにより筋肉が収縮したのが原因と、足がつる原因が特定しやすいと思うのですが、なぜ就寝中に足がつりやすいのでしょう?

 

夜中に突然足がつるのは、主に血流の低下、すなわち血行不良によるものです。

夜中に突然足がつる原因として多いのは、発汗や冷えから血流の低下が起き、足がつります。

夏場などは冷房を付けっ放しで寝たり、布団を掛けないで寝ている人も多いでしょう。

このような状態って筋肉が冷えてしまうので、血行不良になりやすいんです。

そうすると血流の低下が起きて、筋肉が収縮しやすくなって突然足がつるんです。

 

対処法としては足がつった時は、つったほうの足の指の方を手でつかんで足裏が反るようにし、血行を良くすることが大切です。

また、体が不足した水分の摂取や、足を温めたりマッサージしたりするのも効果的です。

冷えや血行不良には鍼灸治療もおすすめです。体全体の血流を改善することで、症状の改善が期待できます。お気軽にご相談くださいね(^-^)

 

すぎおか鍼灸接骨院

TEL078-947-7628

明石市魚住町西岡323-1

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA