蒸し暑い夜にも熱中症対策を忘れずに!!

明石の大手口コミランキング1位のすぎおか鍼灸接骨院です。

index-top-01

蒸し暑い毎日が続いていますね…。みなさん、日中の熱中症対策は万全でしょうか!?

 

私もすでにクーラーのない生活には耐えられなくなってしまっています( ;∀;)先日、ニュースでも取り上げられていましたが、気温が下がる夜も寝ている間に汗をかくので、就寝時も熱中症になる危険性があり、対策が必要だそうです。

 

では、寝苦しい夜を快適に過ごす方法を今日は紹介したいと思います(*^-^*)

 

暑い夏は、冷却ジェル枕や冷却ジェルパッドを用意して、適度に頭を冷やすと全身が涼しく感じられます。「頭寒足熱」という言葉を聞いたことがありますか?

 

「頭寒足熱」とは‥頭部を冷たく冷やし、足部を暖かくすること。このようにすると健康によいとされています。

 

人の体は入眠時、手足から放熱し、上半身の熱が手足に移動すると、脳の温度が次第に下がって入眠しやすくなります。

 

また、湿度が高いことも寝苦しさの一つです。湿度は50%前後が理想です。帰宅後は、窓を開けて換気するようにし、湿気を外に追い出すことがポイントです。上手に工夫して、湿度をうまくコントロールするようにしましょう。

 

ほんの少しの工夫で夏の寝苦しさから解放されます。我慢せず、エアコンや扇風機を上手につかって室内の環境を整え、ぐっすりと眠れる環境をつくりましょう。

 

ただし…クーラーで冷え過ぎるのも血行が悪くなってしまうので気をつけてください!夏の体のだるさがなかなかよくならないときは当院へ起こしください。硬く血行の悪くなった筋肉を緩ませ、辛い症状を改善します(*^-^*)

 

すぎおか鍼灸接骨院

TEL 078-947-7628

明石市魚住町西岡323-1

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA