「外反母趾」はどうケアする??

明石の大手口コミサイト1位の、すぎおか鍼灸接骨院です。

kidsroom-001

親指が痛い…(/_;) よくある足のトラブルです。

足の親指が、小指の方へ「く」の字型に曲がり、痛みが生じる状態が「外反母趾」です。

変形の原因は靴にあるんです!

立った姿勢のとき、ふつう足先で体重の約半分をほどを、残りはかかとで支えていますが、ハイヒルを履くと足先にかかる力は体重の八割以上に。狭い三角形のの足先に四角い足先を無理やり押し込むことになり、指の変形を招くのです。

【改善のポイント】

①ハイヒールや先の細い靴は、履く時間をできるだけ短く。

②痛みがひどい場合には手術が必要なこともありますが、「気になる程度」であれば生活の中の工夫で、変形を進みにくくすることも可能です。

●一日一回、ゴムバンド体操

太めの輪ゴムを開いて左右の親指にかけ、足先を開いて5~10秒間保持。30回程度繰り返す

●靴を履くときに一工夫

親指と人差し指の間に丸めたガーゼをはさんでおく。その状態でも足先があたらない靴選びも大切です。

当院では、お一人お一人にピッタリと合わせた中敷きのご相談もお受けしております。外反母趾による痛みなど、どうぞお気軽にご相談くださいね(^-^)

 

すぎおか鍼灸接骨院

TEL 078-947-7628

明石市魚住町西岡323-1

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA