冷やしすぎに注意

8月も残り1週間となりました。まだまだ暑い日が続いています。

今日は『クーラー病』についてお話しします。

『クーラー病』とは冷え過ぎから起こる病気です。

症状としては

・頭痛

・肩こり

・腰痛

・食欲不振

・不眠症

・むくみ

など様々です。

原因は夏の暑い時期に、温度差が5℃以上ある室内と屋外を行き来することで、自律神経が乱れる為と思われます。

対策としては

・外との気温差が5℃以上にならないようエアコンを調整する。

・羽織やスカーフ、腹巻、ひざ掛け等で身体を温める。

・身体を温める飲み物を飲む(紅茶、ウーロン茶、ココア、生姜紅茶 等)

・お風呂は湯船につかって下さい。38℃~40℃、半身浴で20分~30分の入浴が必要です。

それでも改善されなければ、冷えが改善されるツボに鍼を打つのも効果的です!!

まだまだ暑い日が続きますが体調を崩されない様お気を付け下さい。

すぎおか鍼灸整骨院067

TEL078-947-7628

明石市魚住町西岡323-1

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA