(明石市)不妊治療にピリオドを打つときって…(._.)(不妊治療)

明石の大手口コミランキング1位のすぎおか鍼灸接骨院です。

妊娠という結果がなかなか出ず、年齢も高くなってきた……(*ノωノ)実際、どのような状態になったら治療から卒業する目安になるのでしょうか⁇

 

以前、「40歳を過ぎるとFSH(卵胞刺激ホルモン)やLH(黄体化ホルモン)の値は上昇する」と説明しました。

 

クリニックなどで女性ホルモンを投与してこれらの値を下げるわけですが、半年続けてみてそれでも卵胞が1個も育ってこなければ、治療を続けても妊娠は難しいということになります。

 

「半年が目安」というのは、原子卵胞が成熟して排卵するまでの期間が半年だからです👆

 

半年経っても排卵が起きないとは、原子卵胞がなくなっていることを示します。

 

そのような状態になっている患者さんはクリニックでも、「妊娠は厳しい…」ということを告げられると思います。

 

年齢のリミットまでいかなくとも、ある程度の期間治療を続けても残念ながら妊娠できずに、治療を終わらせる方ももちろんいらっしゃいます。

 

患者さん自身、あるいはご夫婦が「やれることは全てやった(*´ω`)」と思っていただけるように、さまざまな努力をしていきたい、私たちスタッフはそう願っています。

 

🌹明石の不妊治療は『はり+整体』の不妊体質改善🌹

明石の不妊治療は『はり+整体』の不妊体質改善

 

すぎおか鍼灸接骨院
TEL 078-947-7628
明石市魚住町西岡323-1
https://line.me/R/ti/p/%40aea6455s

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA