(明石市)肌がチクチクする化粧品でも使い続けて良い場合もある⁉️(美容鍼)

明石の大手口コミサイト1位の、すぎおか鍼灸接骨院です。

肌のかぶれ(接触皮膚炎)には3つのタイプがあります。

 

1つ目は接触後すぐに起こる接触じんましん反応。

2つ目は、接触後48時間以内に起こる刺激性(毒性)接触皮膚炎で、主な症状は紅斑。

3つ目は、接触して72時間後ぐらいにかゆくなったり湿疹ができるアレルギー性接触皮膚炎。

 

肌とは違いますが、食物アレルギーは食べたらすぐ、または数時間後で起こるものだと覚えておきましょう。

 

化粧品かぶれで多いのは、2つ目の刺激性接触皮膚炎です。

 

その多くが、つけて48時間後位から赤くなったり、かゆくなったり、湿疹ができてしまいます。

 

かぶれとは違い、最近注目されているのが『スティンギング』という症状。

直訳すると【刺す】という意味で、化粧品をつけると、あるいは重ねていくと、突然チクチク、ピリピリしたり、熱っぽい感じになったり、赤くなったりする現象です。

でも痒みはありません。

 

敏感肌とは、化粧品をつけると、刺激性のかぶれを起こしやすく、同時にキーティングを起こしやすい肌だといえます。

 

スティンギングとは、化粧品の成分で皮膚細胞が誤作動を起こし、ダメージがないのに痛みを感じさせる神経伝達物質を放出してしまった状態です。

火事でもないのに非常ベルが鳴るようなもの。

 

痛かったり赤くなったりしても30分位で症状は消え、後には何も残りません。

スティンキングは満毎回なるわけではないので、その場合は化粧品を使い続けてもいいそうですよ。

 

 

すぎおか鍼灸接骨院
TEL 078-947-7628
明石市魚住町西岡323-1
https://line.me/R/ti/p/%40aea6455s

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA