むち打ち症(外傷性頸部症候群)の治療方法

むち打ち症とは自動車事故や労働災害、スポーツ障害などで首部やその周辺に急激な力が加わった場合、頭部と胴体が異なる向きへの動きを強いられ、体が鞭のようにしなり、その結果、体に痛みを生ずることから来た略称で、正式には外傷性頸部症候群と呼ばれています。
当院は明石市魚住町でむち打ち治療の専門家が常駐する接骨院で、明石市だけでなく、神戸からも患者さんが来院されます。

時期別の治療方法

むち打ち症の治療方法は、その症状が発生してからの日程経過によって、表れる症状が異なるために治療方法も異なります。治療方法を誤ると後遺症につながるとも言われており、症状に合わせた治療方法が必要です。今回は時期別にむち打ち症の治療方法をご説明させていただきます。

初期

むちうち初期はとにかく安静にする・患部をしっかり冷却することが大切です。場合によっては頚椎の保護用具を処方します。電療・冷やす・軽い手技がメインとなります。

中期

交通事故の怪我は事故から二週間後に痛みのピークがくることが多くそれまでにどれだけしっかり処置ができるかで予後・後遺症に大きくかかわってきます。

後期

痛みのピークが過ぎればボキボキしないソフトな矯正やムチウチに非常に有効とされる鍼治療なども症状に合わせながら行っていきます。頭痛・吐き気などの不定愁訴にもしっかり説明し、治療・対処方法をお教えいたします。

まとめ

むち打ち症状は気温・気圧・湿度など天候によって痛みが左右されることが特徴的ですので天気の悪い日にはしっかり症状を把握できるように施術者が丁寧に問診するように心がけています。明石市魚住町のすぎおか鍼灸接骨院は交通事故のむち打ち治療の専門院です。地域の皆様に安心してむち打ち治療ができるように努めています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA