家庭用マッサージ器でのトラブルについて

明石市の大手口コミランキング1位のすぎおか鍼灸接骨院です。

wiplash_injury03

 先日、家庭用マッサージ器で骨折、内出血の相談が相次いでいるというニュースをみました。2013年には、約195万台が販売されたと言われる家庭用電気マッサージ器ですが、使い方を誤ると大きな事故やけがに結びつき大変危険であるといわれています。
 21日、国民生活センターが、家庭用マッサージ器の使用によって起こったトラブルとして「マッサージチェアを、ほぼ毎日15分使用していたところ、頭痛がし、吐いた」「フットマッサージ器を使用していたところ、太ももが内出血した」「マッサージチェアを使用したところ、挟まれて肋骨が3本折れ、45日間入院した」というものがあげられていました。
 トラブルを訴える人の6割が60歳以上、7割が女性だそうです。家庭用マッサージ器によるトラブルは、5年間で253件も相談が寄せられ、治療期間が1カ月以上となった事例は38件もあるそうです。
 またマッサージ器を使っていると、もみ返しや頭痛が起こるという相談も増えており、もみ返しや頭痛を防ぐためにも、専門家はマッサージ器を使用する前に、固まっている筋肉をストレッチでほぐすことをおすすめしています。家庭用マッサージ器を使用される際には、十分に気をつけて体の疲れを癒やしてくださいね。
 ちなみに、マッサージによるもみ返しなどが起こった場合、ストレッチをすることは逆効果になります。
マッサージ直後に痛みが出た場合は、熱を抑える、炎症を抑えるという意味で、患部を冷やすと楽になります。もみ返しでお困りの方はぜひ当院にお越しください。

すぎおか鍼灸接骨院
TEL078-947-7628
明石市魚住町西岡323-1


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA