なぜストレッチは必要(*^-^*)?

明石の大手口コミランキング1位のすぎおか鍼灸接骨院です。

kidsroom-003

体を動かしたり、ストレッチをしたりしないと、体はどんどん硬くなっていきます(;´・ω・)

 

体の柔軟性とは関節を軸に、骨がどれだけ大きく動けるかを指します。そして、骨が動くのは関節と関節の間にまたがるように付着した、筋肉の収縮によるものです。

 

その反対の動きをする筋肉が柔らかく、しなやかに大きく動くほど、柔軟性が高いということになります。

 

では、筋肉の柔らかさとは何でしょうか?それは、筋肉を構成する物質のひとつ、コラーゲンが関係します。コラーゲンが硬くなると、筋肉も硬くなり、その動きが小さくなるため、体も硬い状態になります・

 

「もともと私は体が硬いから~」という人がいますが、それは実は“ウソ”なんです!!

 

赤ちゃんの動きを見れば一目瞭然、生まれたときは誰もが高い柔軟性を備えています。それなのに体が硬くなってしまう最大の原因は、運動不足です。

 

筋肉を動かさないと、筋肉中のコラーゲンは硬くなり、それは加齢過食によって加速します。柔軟性は低下の一途をたどるのです。体を動かすことが少ない現代生活では、意識してストレッチをする必要があります。

 

すぎおか鍼灸接骨院

TEL 078-947-7628

明石市魚住町西岡323-1


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA