体の硬さは、体の不調や生活の不具合を招きます!!

明石の大手口コミランキング1位のすぎおか鍼灸接骨院です。

sports-injury-002

体の柔軟性が低下すると、どんな悪影響があるのでしょうか??

 

まずは、思い通りに動かせなくなります。すると、それをフォローするために本来は行う必要のない、代わりの動作を行うことになります。

 

たとえば、高いところの物をとるときに腕を十分に伸ばせないと、代わりに肩をすくめたり、体を横に傾けたりして、手の位置を高くしようとするわけです。無駄にエネルギーを消耗することになり、当然、体は疲れます。

 

また、体が硬くなると、硬い部位の方へ筋肉が引っ張られ、姿勢が崩れます。すると体をバランスよく動かせなくなり、全身の筋肉の量や柔軟性はアンバランスになります。その結果、痛みが生じたり、血行不良で冷えやむくみを感じたりするほか、ボディラインの崩れにもつながります。

 

柔軟性の低下は放置すればするほど、深刻化する一方です。下記の項目の中でひとつでも当てはまるものがあれば危険信号です。ストレッチを習慣化して、柔らかい体を取り戻しましょう!!

 

【 柔軟性の低下をチェックしよう!! 】

 

□疲れやすい

 

□猫背がひどくなった

 

□足の爪を切る姿勢がつらい

 

□歩いているとよく追い越される

 

□和式トイレが苦手

 

□つり皮を持つのがひと苦労

 

すぎおか鍼灸接骨院

TEL 078-947-7628

明石市魚住町西岡323-1


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA