ストレスや疲労感をやわらげてくれるツボ『手の三里』

明石の大手口コミランキング1位のすぎおか鍼灸接骨院です。

kidsroom-002

腰が痛い、肩がこる、などのちょっとした体の不調は、ついそのまま放っておいてしまいがちですよね(;´・ω・)体のツボは、頭の先からつま先まで全身にあり、私たちは気づかないうちにツボを刺激していることが多いんです!

 

腰が痛いときに腰に手を当てる、肩がこれば自然と肩をもむ、というように、みなさんが自然と行う動作も、実はツボ刺激の一種なんです♡

 

ただ、同じ肩をもむのでも、とくによく効くツボを中心にもめば、より効果があります。

 

まず、ツボを押すときの基本の押し方ですが、親指の腹をあてて軽く力を入れ円を描くように3~5回まわします。1回ごとに休みは入れてください。このとき、力を入れすぎてはいけません。

 

刺激するときの注意ですが、ツボ刺激には副作用はありません。ただ、力いっぱい刺激しないようにしてください。刺激すればするほど効くというものではないです( ;∀;)

傷ついたり、内出血したりしてはやりすぎです!!!

 

では、誰でも押せる両腕のツボ『手の三里(てのさんり)というツボを紹介します。

 

『手の三里』…ひじを軽く曲げてできるしわの先から手首の方へ指3本分のところです。筋肉が少し盛り上がっていて、押すとコリコリします。

 

👉刺激の仕方

親指の腹をあてて、コリコリとしたものを上下左右に揺らすように押しもみます。

 

このツボはストレスや疲労感をやわらげてくれるツボで、押して痛みがあったら、疲れている証拠です。痛いけど気持ちいいという程度の強さでもみほぐしましょう。

 

すぎおか鍼灸接骨院

TEL 078-947-7628

明石市魚住町西岡323-1


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA