(明石)妊娠体質を作るためにはタンパク質が必要です🍳(不妊鍼灸)

明石の大手口コミサイト1位、すぎおか鍼灸接骨院です。

妊娠体質を作るための1日のタンパク質の必要量は、体重1Kgあたり1〜1.5g、体重50㎏ならば 75〜100グラムです。

 

では、100gの肉を食べたら100gのタンパク質が摂れるかというと、そうでは無いのです。

どの栄養にも言えることですが、その食材に含まれる量だけではなく、いかに体に吸収されるかを考える必要があります。

 

タンパク質には、豆腐や豆類などの植物性、肉や魚魚、卵などの動物性がありますが、体に吸収されやすいのは断然動物性です。

植物性のものばかり食べていると代謝効率が悪いため、たんぱく欠乏を招く可能性があります

。動物性のものはなるべく控えることを勧める食事法もありますが、妊娠体質を作るためには、やはり動物性タンパク質が特に必要です。

 

さらに、効率よくたんぱく質を取るために知っておいていただきたいのが、「プロテインスコア」です。

 

タンパク質は20種類のアミノ酸からできています。プロテインスコアとは、食べ物の中にどれだけバランスよくアミノ酸が含まれているかを示す値を入れます。

100に近いほど、アミノ酸のバランスが良いということになります。

例えば牛肉100gには20gのタンパク質が含まれていますが、プロテインスコアをかけ合わせると、16gということになります。

 

さらに注意したいのが、肉や魚のアミノ酸量は加熱することによってほぼ半減してしまうと言うこと。

それを考慮したうえで、タンパク質の量を確保することが大切です。

火を通さずに、刺身として食べるのも良いでしょう🐟

 

タンパク質を取るためにはなんといってもプロテインスコアが100の卵がお勧めです🍳

卵は加熱してもアミノ酸量はそれほど減りません。

毎日二個ぐらいは卵を食べましょう🐔

 

 

 

すぎおか鍼灸接骨院

TEL 078-947-7628

明石市魚住町西岡323-1

https://line.me/R/ti/p/%40aea6455s


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA