ゴルフの疲れをとるために

018明石市の魚住でゴルフ肘の施術に実績があるすぎおか鍼灸接骨院です。
ゴルフのプレー後、筋肉に疲労を残さない為に何らかの対策を行っているアゴルファーは何人いるでしょうか!?
ゴルフでは、約1万5000~2万歩も歩くと言われている下半身に血液(疲れ)が溜まりやすくなります。
スポーツ後の筋肉は乳酸が溜まり、その乳酸を分解させるためにはプレー後に軽い運動を行う事で下半身に溜まった血液を全身に送り戻して分解させなければなりません。
その為にストレッチを行うのが良いです。
基本的には屈伸や前屈のような簡単なストレッチでも構いませんが、勢いをつけて行うのではなく、ゆっくりと時間をかけて行うようにしてください。
それにより、筋肉へのケアはもちろん、リラクゼーション効果により心身ともにリラックスできます。
あとは湯船につかり全身の血行をよくすることと、足の位置を少し高くして寝るということです。
これを行うことでかなりむくみや疲労がマシになります。
特にゴルフは月に1~2回位という方はしっかりケアしておかないとケガにつながります。


すぎおか鍼灸接骨院
明石市魚住町西岡323-1
078-947-7628

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA