梅雨シーズン…体調がすぐれないのはなぜ( ;∀;)

明石の大手口コミランキング1位のすぎおか鍼灸接骨院です。

beautifulmuscle-003

6月の梅雨シーズン、天気が悪いと気持ちまで滅入ってしまい、体がだるく感じることがありますよね…(;´・ω・)

 

ある統計によると20代から60代の女性の6割が、梅雨の時期に体調が悪いと訴えているそうです。

 

症状としては“体のだるさ”が最も多く、つづいて“肩こり”“冷え”の順番になっています。

 

梅雨シーズンにこのような症状が出るのはいったいなぜでしょうか??

 

梅雨の時期は、低気圧によって副交感神経が優位になりがちで、だるくなったり倦怠感を覚えやすくなったりします。

 

また、この時期は天気が目まぐるしく変わり、気温や体感温度も変動します。そのため、身体も精神もその変化についていけず、自律神経が乱れやすくなります。

 

さらに、エアコンを使い始める時期でもありますので、身体もかなり冷えて、だるさの原因にもなっています。

 

雨の日が続くと、屋外での活動量も減るため、いつもより運動量が減り、血行も悪くなってしまいます。そして、気分的にも憂鬱になり、身体のだるさや疲労感の原因になります!

 

一年の中で最も体調がすぐれない時期…それは梅雨シーズン…と思われる方はたくさんいらっしゃると思います。体がだるい…気が滅入る…。。

 

みなさん、夏までもう少し!!あと少し頑張りましょう(*^-^*) 毎日しんどすぎて…何もやる気が起こらない方、辛い時は我慢せず、当院に治療しに来てくださいね(*^-^*)

 

すぎおか鍼灸接骨院

TEL 078-947-7628

明石市魚住町西岡323-1

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA