水分を控えてしまうと、むくみはさらにひどくなる??

明石の大手口コミサイト1位の、すぎおか鍼灸接骨院です。

diet-6-2

むくみやすい人は、水を飲みすぎてはいけないのではと思って、水分摂取を控えてしまう傾向があります。じつはこれが大間違いのもと!

水分を控えれば控えるほど、体内の水分の濃度が濃くなってしまい、むくみはひどくなります。

では、たくさん水を飲めばいいのかというと…それもNG。

水分をとりすぎると体内の水分濃度が薄まってバランスを崩し、むくみを引きおこすことに…。

重要なのは、適量飲んで適量を尿で出していく、ということです。適量とは、食事などを含めて一日に1.5ℓ~2ℓ。これだけ飲むと、一日で1.5ℓ~2ℓくらいの尿がでます。

入れたものを出すことによって、体内の水分のめぐりはどんどんよくなります。体内で崩れていた水分のバランスも整って、自然とむくみがとれていきます。

水分をとるときに注意したいのが、ナトリウムとカリウムのバランスです。ナトリウムを控えてカリウムをたくさんとるのが、むくみをすぐに解消するためのポイントです。

スポーツドリンクなどにはナトリウムが含まれていますから、むくんでいるときはNG。利尿効果のあるドリンクと常温の水を中心に飲むようにしましょう。また、尿と一緒にカリウムも流れ出てしまいます。カリウム不足になるとむくみを引き起こすので、カリウムが多く含まれた食べ物や野菜が原料のサプリメントで栄養補給もしていきましょう。

 

すぎおか鍼灸接骨院

TEL 078-947-7628

明石市魚住町西岡323-1

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA