外反母趾、放っておくと危険です‼️

明石の大手口コミサイト1位の、すぎおか鍼灸接骨院です。

外反母趾とは、親指が内側に入って変形した状態をいいます。

 

原因は様々ですが、生活の欧米化に伴う生活習慣によるところが大きいようです。

 

足にはもともと縦のアーチと横のアーチがあり、それらによって3点で体重が均等に踏めるのが理想ですが、靴の中で放置された足は内在筋が衰え、アーチが消失し、本来の足の形を保てなくなってしまいます💧

 

特に日本人の足は横広なことが多いので、幅の狭い靴を履くと親指は真ん中に寄せられて、そのまま動かなくなってしまいます。

 

ひどくなると、付け根にバニオンという骨液包炎欲を形成し、痛みの原因になります。

 

【予防エクササイズ】

⭕️足指じゃんけん

足の指でグーチョキパーを繰り返します。パーをしたときに足の指が反らずに、にしっかり広がるように意識して。

⭕️タオルギャザー

フェスタおるを床に縦におきます。タオルを自分の足の指でたぐりよせます。端まで来たら完了

 

足裏ほぐしの際、ゴルフボールなどを踏んで足の指でつかむように力を入れるのも効果的です。

 

治療法としては軽度の場合はテーピング、中等度ではアーチサポートのインソールなので対応します。

 

重症化した場合は親指の付け根の骨を矯正する手術が必要になりますので、日ごろから足の指をしっかり動かすように心がけましょう。

 

外反母趾でお悩みの方は、お気軽にご相談下さいね😊

 

 

すぎおか鍼灸接骨院

TEL 078-947-7628

明石市魚住町西岡323-1

https://line.me/R/ti/p/%40aea6455s

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA