自分の子供がスポーツしている方必見

sports-injury-001 

 こどものスポーツには特にケガが多く見られます。
もちろん試合もあることでしょうから、試合前・試合後は必ずケアが必要になります。
ケアをしておかないと、筋肉の疲労が溜まってケガをしやすい状態になりやすいのです。
当院では、小学生~大学生までのスポーツをして生じたケガの治療、予防で来られる方も多いです。
痛みやだるさを感じながら部活・スポーツをしている子どもは、そっちに気が取られるので
練習にも勉強にも気が散るので集中できずに効果を発揮できにくい環境となります。
お子さんの治療は勉強や部活に集中できる環境を与えてあげることにもなりますし、
筋肉の働きもよくなるので部活での試合結果も期待できますよ。

もし、お子さんがケガ(ひねったり、打ったり、転んだり)した時には
RICE処置をしてください。
RICE処置とは、以下の4つの事を言います。

・Rest(安静)  ケガをされた場合は即運動を中止し、ケガをした箇所を動かさないこと。
・Icing(冷却) 氷水・氷嚢などを10分~20分直接患部に当てて冷やします。(保冷剤は凍傷を起こす恐れがあるので不可)
・Compression(圧迫) 腫れや過度の炎症を防ぐため、包帯・テーピング・サポーターなどで適度に圧迫します。
・Elevation(挙上) 患部を心臓の位置より高くすることで腫れを引かせます。
 これらは緊急時の応急処置です。医療機関へ必ず診てもらうことが大切ですよ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA