長時間のデスクワークの方に多い頚肩腕症候群とは‥!?

明石の大手口コミランキング1位のすぎおか鍼灸接骨院です。

首の痛みを根本から治療します

おはようございます。インフルエンザが流行っていますね…兵庫県も流行警報が出されています。十分な栄養と睡眠をとり、手洗い、うがい、咳エチケットなどに気を付けましょう。

なかなか治らない辛い頭痛、肩こり、しびれ…検査してもどこにも異常がみられない…でも痛い…そんな症状でお悩みの方が大変多いです。

頚肩腕症候群とは、首、肩、上肢、背部にかけて、痛みやしびれ、倦怠感、脱力感、冷たさなどの訴えがある場合、検査などで病因が確定できないものを言います。
この病名は、症状に対してつけられたもので、細かく言えば、頸、肩、腕の痛みを起こす病気のうち、頚部椎間板ヘルニア、頚部変形性脊椎症、後縦靭帯骨化症、黄色靭帯骨化症・肥厚症、胸郭出口症候群など、原因のはっきりしたものを除いたものを言います。
また自律神経症状として、頭痛・後頭部痛、めまい、立ちくらみ、耳鳴り、眼精疲労、咽喉部違和感、夜間手指のしびれなどが現れる場合もあります。

頚肩腕症候群は、長時間のデスクワークやOA病(筋肉、腱、骨、目の障害)、パソコン症候群などの作業関連のものが多いと言われています。この症状を予防するためには、良い姿勢を保つこと、長時間同じ姿勢をとり続けないこと、適度な運動をすること、ストレスを減らすこと、冷やさないことなどが重要であると考えられています。

この頚肩腕症候群の治療には、鍼治療が効果的と言われています。当院では患者様の症状に合わせた治療のアドバイスもさせて頂いております。
頚や肩の状態がしんどいのは治らないとあきらめないで、今より快適に仕事ができ、日常生活を送れるよう、ぜひ鍼治療を受けられることをお勧め致します。

すぎおか鍼灸接骨院
TEL 078-947-7628
明石市魚住町西岡323-1

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA