突然のぎっくり腰に備えて対処法を知っておきましょう!

明石の大手口コミランキング1位のすぎおか鍼灸接骨院です。

index-top-01

突然、ギクっと腰に痛みが走り、痛くて動くことができなくなってしまうぎっくり腰。一人では身動きがとれず救急車を呼ぼうか迷う人も少なくないようです。しかし、ぎっくり腰の場合、腰の痛み以外に緊急を要する症状がない場合は救急車を呼んだり、夜間病院に行ったりするのは、控えるようにしましょう。


そこで、万が一の時に備えて、ぎっくり腰になったときの対処法を知って置くことが大事です。ぎっくり腰の痛みは非常に強いことが多く「痛くて動くことができない! どうしよう」と、パニックになってしまう人も多いです。しかし一般的なぎっくり腰は、激痛の後に横になり気持ちが落ち着くと、痛みが少し緩和される姿勢や動きがわかるようになります患部を冷却することで、徐々に痛みが軽減し、回復することが多いです。

症状の経過をみて、病院に受診するかを判断しましょう。もし、夜にぎっくり腰になった場合も、時間をおいて様子をみます。そして、どんどん痛みが増していく場合には、翌朝速やかに病院を受診するようにしましょう。

最後に、外出先でぎっくり腰になってしまった場合の対処法ですが、必ずしも建物内で痛めるわけではなく、道路を歩行中に、突然腰に痛みが走り、ぎっくり腰になる場合もあります。 人通りが多ければ、周りの人に助けてもらうこともできますが、四つんばいになり自力で移動することになる場合もあるかと思います。痛めた直後は動けても、時間の経過とともに、動くことが困難になるケースもありますので、できるだけ早めに安静にできる場所へ移動します。その後、仕事中は職場、仕事以外の時は家族や知人へ連絡を入れましょう。その後、近くに病院があれば行き、なければドラッグストアやコンビ二で冷却シートや冷シップを購入し、患部を冷やして様子をみましょう。また、民間救急サービス(電話受付8時~18時)という選択肢もあります。


当院では急性期の痛みに対しては鍼治療をすることが多いです。鍼治療は鍼独特の調整作用で痛みを取り除きます。ぎっくり腰の症状でお悩みの方、一度当院へお越しください。


すぎおか鍼灸接骨院
TEL 078-974-7628
明石市魚住町西岡323-1

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA