冬に多いぎっくり腰!鍼治療で症状を改善しましょう!!

明石の大手口コミランキング1位のすぎおか鍼灸接骨院です。

ぎっくり腰の治し方

腰痛の中で最も多い筋筋膜性腰痛(ぎっくり腰の代表的な疾患)の原因と治療法についてご紹介します。

 

 筋筋膜性腰痛は最も多い症状で、一般的な腰痛の症状のうち8割は同疾患によるものといわれます。鍼灸に適していると考えられている疾患です。

 

 

重い荷物を持ち上げたり、普段は使わない筋肉をスポーツや重労働で使ったり、腰を強く捻ったりしたときに、骨盤の上部に痛みを感じます。また、パソコンなどで同じ姿勢で長時間座っていても起こりやすいので、姿勢性腰痛とも呼ばれています。

 

筋筋膜性腰痛には急性と慢性があり、急性筋筋膜性腰痛では、腰の筋肉の緊張感、動かすと痛みがある、痛みが強く動かせない、などの症状があり、この中にぎっくり腰が含まれます。

また、慢性筋筋膜性腰痛では、腰全体のだるさや痛みなどの症状がみられます。 一般的な治療としては、触診で痛みのポイントを探し、鍼を刺入していく方法、体内に鍼を刺した状態で数十分置く置鍼と言う方法など、さまざまな方法があります。また、患部に鍼を介して低周波パルスによる刺激を与えて筋肉内を温め、血流を改善させる方法や温灸などもあります。

 

「腰痛」の鍼灸治療は、筋肉の硬直を緩め全体の血行を促進することが最重要で、さらに冷えが関与していることも多く、冷えを取り除くことも大事です。血行を促進し冷えを取り除く鍼灸治療は「腰痛」の特効薬といえます。

 

ぎっくり腰や腰痛でお悩みの方、ぜひ当院の鍼灸治療で痛みを改善しましょう。

 

すぎおか鍼灸接骨院

TEL 078-947-7628

明石市魚住町西岡323-1

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA