20代・30代の女性に増えている若年性更年期障害!

明石の大手口コミランキング1位のすぎおか鍼灸接骨院です。

image

先日、タレントの川村ひかるさんが、番組の中で「若年性更年期障害」を患っていることを発表されていました。

 

最近では20、30代の女性に生理不順、あるいは月経がなくなって更年期障害と同様の症状を訴える人が増えているそうです( ゚Д゚)今日は、若年性更年期障害について紹介します!

 

閉経を迎える更年期に起こる症状を、更年期障害といいます。 この更年期障害が、20代・30代の人にも起こることがあり、これを若年性更年期障害」といいます。

 

症状としては、更年期障害と同様に、

ほてり・のぼせ(ホットフラッシュ)、手足の冷え、肩こり、腰痛、めまい、不安・憂鬱、むくみなどがあります。

 

また、若年性更年期障害の症状には、生理不順や無月経があります。特に生理不順や無月経などが起こった場合は、適切な治療で回復するので、早めに病院へ行くようにしましょう。

 

この若年性更年期障害を引き起こす要因としては…

ストレスや無理なダイエット、 不規則な生活・食生活、月経周期の乱れが主なものと考えられています。

 

月経周期の乱れは、運動不足からも起こるといわれています。普段の何気ない生活習慣を見直し、運動することを心掛けましょう。

 

もし若年性更年期障害のような症状が出た場合は、まず、ストレスを解消することが大事です(^-^)悩みがあるときは、あまり考え込まず誰かに相談してみたり、ちょっと体を動かしたり、気分転換に散歩をしたり、ゆっくりお風呂に入り、リラックスしたりするなどして、ストレス解消できるように心がけてみてください。その上で、鍼灸治療を行うことで、症状はだいぶ改善されます。

 

ちょっと体を動かすことや、肩の力を抜き頑張り過ぎないこと、ストレスをためないことがとても大事です(*^-^*)

 

すぎおか鍼灸接骨院

078-947-7628

明石市魚住町西岡323-1

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA