辛い痛み…なんとかしたい椎間板ヘルニア((+_+))

明石の大手口コミランキング1位のすぎおか鍼灸接骨院です。

index-top-01

椎間板ヘルニアとは、椎間板の中にある骨髄が飛び出してしまう病気です。

 

原因として、椎間板のそのものの老化や骨の老化だといわれています。カルシウムが足りていない人は骨がもろくなり、当然椎間板も弱くなるため、ヘルニアや腰痛の原因になります。

 

なかでも、椎間板の老化は、20代から始まるので特に注意が必要です( ;∀;)

 

また最近では、背骨や骨盤のゆがみも原因のひとつといわれています。背骨や骨盤がゆがむと腰椎にもゆがみが出てきます。

 

とはいっても…椎間板ヘルニア自体が腰痛を引き起こすわけではなく、椎間板ヘルニアが引き起こす坐骨神経痛という症状が、腰痛を引き起こすのです(´・ω・`)

 

椎間板ヘルニアは、髄核にまだ弾力があって、繊維輪に亀裂ができた20~30歳代の男性に多い病気で、腰椎の下部にもっともおこりやすく、この年代の男性にみられる腰痛の多くは、この病気が原因になっています。

 

特に、同じ姿勢で作業をする仕事の方、デスクワークの多い方、立ち仕事の方など、男性だけでなく、主婦や学生の方に多く見られます。

 

椎間板ヘルニアの治療法には、保存療法と手術療法があります。この病気は、自然治癒することもあるため、まずは、保存療法から治療が進められます。

 

日頃から腰への負担を減らすように意識し、腰痛の発作の回数を減らすようにしましょう。そうすれば、椎間板ヘルニア発症を防ぐ方法につながります。

また、すでに椎間板ヘルニアを経験された方も再発防止になります。

 

椎間板ヘルニアの予防・再発防止には、ストレッチをしたり、体重の増加に気をつけたり、筋力を強化することなども大切になります。

 

ヘルニアに関するお悩み等、お気軽にご相談ください。痛みの症状を改善いたします(*^-^*)

 

すぎおか鍼灸接骨院

TEL 078-947-9628

明石市魚住町西岡323-1

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA