肩・首のマッサージで全身をほぐしましょう!

 

明石で大手口コミサイト1位の、すぎおか鍼灸接骨院です。

top-marubot-1

常に筋肉を緊張させて、重い頭を支えている首から肩にかけては、全身で最も疲労を覚えやすいところです。

首や肩がこって痛みやだるさを感じるのは、その部分の筋肉にたまった乳酸などの疲労物質が原因です。体が冷えて血流がとどこおると、新鮮な血液が供給されず、疲労物質がどんどん蓄積されてしまいます。

つまり、つらい肩こりを解消させるには、まず血行不良を何とかしなくてはなりません。

首や肩の血流を促すには、まず、こわばった筋肉をマッサージでもみほぐします。痛みのある部分を集中してもむのではなく、首と肩とつながる腕や手首にかけて、連続して行うと効果的です。

【首のマッサージ】

首の側面には、大切な血管が走っているので、圧迫するのは厳禁。片側ずつ鎖骨のあたりから、なで上げるようにしてマッサージ。首の後ろ、頭蓋骨の下端部分には、頭部の血行を促すツボ「風池(ふうち)」、「天柱(てんちゅう)」があります。これらのツボに向かって、下から上にさすりあげたり、ツボの周辺を片手でつかむようにして、もみましょう。

【肩・腕のマッサージ】

鎖骨のくぼんだところに親指を除く4本の指を置き、軽く押すようにしながら、らせんを描く要領で手首までマッサージ。手首まできたら、今度は上に向かって、らせん状にマッサージしながら鎖骨のくぼみのところまでもどってきます。

【肩こりの特効ツボ】

肩先と、首の付け根の中間あたりにある「肩井(けんせい)」は肩こりによくきく特効ツボ。こっているときは、軽く押すと痛みがあるのですぐに見つかります。気持ちいいと感じるぐらいの強さで。

頭痛には様々な原因がありますが、首や肩の筋肉が緊張し、血流がとどこおって起こることも少なくありません。そんなときは首や肩をもんで、頭部への血流をよくすることで、頭痛を和らげることができますよ☆

すぎおか鍼灸接骨院

TEL 078-947-7628

明石市魚住町西岡323-1

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA