排泄不完全病、暴飲暴食は腰痛の原因に…(;´・ω・)?

明石の大手口コミランキング1位のすぎおか鍼灸接骨院です。

beautifulmuscle-005

腰痛には2通りあります。1つは腹筋が弱って腰が反ってしまっている腰痛、もう1つはお尻の筋肉や背筋が弱って、腰が前に曲がってなる腰痛です。

 

これらは骨盤のゆがみからくる身体のアンバランスが引き起こします。

 

また腰痛の原因には、大腸の働きの低下による、大便の排泄不完全によるものもあります。

毎日排便がある人でも腰痛になることはありますが、完全にすっきり出し切っているという感じはなく、なんとなくお腹が張っている感じや、ウエストが太くなった感じがあるはずです。

 

腰痛の前兆として必ず腸の違和感があります。そして、お腹が張った状態のときに腰をひねったりすると「ぎっくり腰」になってしまいます!!

 

基本的には、骨盤を引き締める、仙腸関節引き締め筋肉がしっかりしていると腰痛にはなりません!!!

 

しかし、忘年会や新年会、飲み会などで遅くまで飲んだり、食べたりすると、お腹の締りがなくなり、腰が無防備になるため、「ぎっくり腰」になりやすくなります。

 

骨盤を引き締める仙腸関節引き締め筋肉は睡眠中に閉まるので、夜遅く、寝る前まで食べていると、睡眠中に骨盤の仙腸関節引き締め筋肉は引き締まらず、朝になっても緩んだままなのです。そんな状態で何か作業をすると、もちろん腰を痛めてしまいます(;´・ω・)

 

腰痛は排泄不完全病、もしくは暴飲暴食や寝る前の食事病だと自覚しておいた方が良さそうです。

 

腰痛でお悩みの方、骨盤のゆがみからくるアンバランスが痛みの原因の1つかもしれません!当院の痛みのない骨盤矯正をぜひおすすめします。また便秘でお悩みの方には、ビューティーマッスルがおすすめです(*^-^*)

 

すぎおか鍼灸接骨院

TEL 078-947-7628

明石市魚住町西岡323-1

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA