その疲れは「足の老化」の始まり!?

明石の大手口コミサイト1位の、すぎおか鍼灸接骨院です。

index-top-01

年をとると脚力の衰えを感じる人が少なくありません。

「足が疲れやすくなった」と感じたら要注意!足の筋肉が減り、老化がはじまった兆候かもしれません。

こんなことに思い当たることがあれば要注意!

①小さな段差につまずくことが多い

②椅子から立ち上がる時や、椅子に座るときに、ヒザに手を置く

③外出時、腰かけられるところを探して、座ってしまう

④ヒザの痛みをかかえている

足の筋力の低下によって起こりやすいことをあげてみました。思い当たる点はありませんか?

 

「老化は足からはじまる」と言われることがあります。確かに加齢による筋肉の萎縮は、上半身より下半身の方が起こりやすいことが分かっています。

足の筋肉が萎縮し、筋力が低下してくると、ちょっと歩くだけでも疲れやすくなったり、足がしっかり上がらず、つまずきやすくなったりします。関節にも余分な負担がかかり、ヒザの痛みの原因になってしまうこともあります。

歩くことは、足の筋肉を動かすもっとも基本的な体操です。

筋肉の動き、つまり筋肉の収縮・弛緩の繰り返しは、血管にポンプ作用を及ぼし、血管循環をよくします。着地のたびに加わる足裏への刺激も血行を促進してくれます。

筋力アップ体操に加え、普段からできるだけ歩くように心がけたいですね(^-^)

 

ヒザの痛みでお困りの方は、症状が重くならないうちに早めにご相談くださいね!

 

すぎおか鍼灸接骨院

TEL 078-947-7628

明石市魚住町西岡323-1

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA