女性特有の病気に役立つ、東洋医学☆

明石の大手口コミサイト1位の、すぎおか鍼灸接骨院です。

pelvis_correction-tittle5-2

月経痛や月経時の気分の落ち込みなどは、女性特有の症状です。

月経は生殖に関する重要な体の働きですが、さまざまな不快症状に悩む方が多いのも事実です。

これらは、ホルモンや心理状態、生活習慣が複雑に絡み合って起こるもの。月経だけでなく、妊娠、出産、更年期障害など、女性の体は生涯を通じてホルモンの影響を受けやすく、それが冷えや肩こり、イライラといった症状となって現れることも珍しくありません。

これらは注射1本ですっきり治るというものではなく、体質改善をふくめて、じっくり治療する必要があります。

実はこうした症状こそ東洋医学が得意とするもので、婦人病について書かれた東洋医学の古典もあります。

【東洋医学の治療が効果的な病気】

・月経困難症…耐えられないほどの月経痛がある状態。頭痛や吐き気、イライラを伴う場合も多い。「たかが月経痛」と軽く考えずに、積極的に医師の診察を受けましょう。

・自律神経失調症…たがいにバランスをとって体を正常に保つ働きをする、交感神経と副交感神経がうまく機能しないために起こります。ストレスが原因となることも多く、頭痛やめまいなど、さまざまな不快症状が起こります。

・更年期障害…めまいや不安、冷えのぼせなど、原因のはっきりしない不快症状が現れることが多いのが特徴です。ホルモンの分泌量が変化する、閉経後の40~50代の女性に多くみられます。

不快な症状の原因が不明な場合、ストレスや不規則な生活、無理なダイエットが影響していないかなどを疑い、生活習慣のアドバイスもさせて頂きます。無理をせず、早めにご相談くださいね(^-^)

 

すぎおか鍼灸接骨院

TEL 078-947-7628

明石市魚住町西岡323-1

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA