脳梗塞…夏こそ注意が必要です!!!

明石の大手口コミランキング1位のすぎおか鍼灸接骨院です。

image

「脳梗塞は春先に多発する」といわれていますが…実は、夏も注意する必要があるそうです。

なぜ、脳梗塞が夏に多発するといわれているのでしょうか?

 

毎日暑い日が続くと、ビールをガブ飲みしたくなりますよね…??夏にBBQをしたり、久しぶりに同級生や親戚と集まったり、なにかと飲み会の回数も増えるかと思います。

 

そして、ビールをたら腹飲んだ後、そのまま就寝…。就寝中の血液の状態をチェックしてみると、血はドロドロに…結果として、朝目覚めることなく脳梗塞を発症してしまうというケースが多いんです…(;´・ω・)

 

怖いですよね…血がドロドロになると血栓となり、脳の血管で詰まってしまうんです。

 

同時に、アルコールの過剰摂取によるアルコール中毒も夏に多くみられます…。

 

実は、脳梗塞とアルコール中毒は紙一重なのです!!特に夏場のアルコール摂取は、利尿作用が激しくなり脱水症状に陥りやすくなります。

脱水症状によって、血液中のアルコール濃度が上昇し、血液がドロドロになる…

 

「夏だから、ビールをたくさん飲みたい」という気持ちはわかりますが、脳梗塞といった重篤な症状を引き起こす場合もあることをよく頭に置いて、量を加減しながら飲むように気をつけましょう。

起床時には血圧が上昇するので、就寝前と起床後にコップ一杯ずつの水を飲むことが夏の脳梗塞予防につながります。

 

今日は、みなさんに夏に気をつけて頂きたいことを紹介しました(*^-^*)

 

今日から3連休、事故やケガのないように楽しく過ごしてくださいね☆当院は今日も頑張っています!お出かけ前にぜひお越しください♪

 

すぎおか鍼灸接骨院

TEL 078-947-7628

明石市魚住町西岡323-1

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA