ウォーキングは無理のないよう調節して☆

明石の大手口コミサイト1位の、すぎおか鍼灸接骨院です。

骨盤矯正の効果ってなに

ウォーキングは文字通り歩くことで、ジョギングに比べてひざへの負担が少なく、中高年の方でも手軽にできるスポーツとして人気を得ています。ウォーキングを行うと足腰が強くなり、脚の筋力が増すので、ヒザの痛みなどの症状がやわらぎます。

また、酸素を取り込んで行う有酸素運動なので、全身の代謝がよくなり、心肺機能が上がり、結果として肥満の解消にも役立ちます。

ただし、ウォーキングをスポーツとして行うには、運動としての歩行であることを意識し、正しく行うことが大事です。散歩のように、ただぶらぶらと歩いていたのでは、気分転換になっても運動療法とはいえません。そのためには、まずウォーキングしやすい服装を整え、1回20分以上やや足早で歩き、それを1週間に2回以上行うようにしましょう。

ウォーキングのおもしろさがわかってくると、毎日行う人もいますが、変形性ひざ関節症の運動療法として行うのであれば、やりすぎては意味がありません。長時間歩いたりすればいいというものではないので、その日のヒザの状態を見極めながら行いましょう。また、歩くとひざの痛みが強い人は、筋肉トレーニングをしっかり行ってから始めるか、アクアビクスの方が向いています。

 

すぎおか鍼灸接骨院

TEL 078-947-7628

明石市魚住町西岡323-1

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA