ストレスが自律神経を乱す??鍼灸治療のススメ☆

明石の大手口コミサイト1位の、すぎおか鍼灸接骨院です。

image

九月に入り、台風や雨が続く日が多くて体調も沈みがち…ではありませんか?

体調がよくないと、気持ちもなぜかどんより…ではないでしょうか。。。

プラスの感情は副交感神経を通して体をリラックスさせ、マイナスの感情は交感神経を通して体を緊張させる働きがあります。

とくにマイナスの感情は交感神経を必要以上に興奮させてしまい、過剰にエネルギーを消耗させる作用があります。

マイナス感情を長い間抱えているのは危険!自律神経の機能が次第に低下し、自律神経失調症や神経症の原因にもなります。

足のこり、不眠、食欲低下、慢性疲労の他、これといった原因考えられない不調。自律神経は体のあらゆる臓器、器官に関わっているので、自律神経失調症になると全身の至る所に、何らかの症状が現れやすくなります。

また、不安やイライラなど精神的な症状が同時に見られるのも、自律神経失調症の特徴です。

血流をコントロールする働きのある自律神経は、ストレスにより本人の自覚症状がないまま、そのバランスが崩れてしまうことがあります。手足の冷えを強く感じたり、頭痛、耳鳴り、ドライマウス、ドライアイ、ふらつき、背中に痛みなどに長い間悩まされていたら、手足の仕事を止めて、意識的にリラックスすることを心がけましょう。

自律神経失調症には、鍼灸治療をおすすめしています。お気軽にご相談くださいね☆

 

すぎおか鍼灸接骨院

TEL 078-947-7628

明石市魚住町西岡323-1

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA