喘息の治療には鍼灸治療が効果的です!!

明石の大手口コミランキング1位のすぎおか鍼灸接骨院です。
image

「喘息」という言葉、よく耳にしますよね?私の周りでも、喘息持ちのお子さんや大人になってから「喘息」になった…という方、結構多いです( ;∀;)

 

うちの息子も喘息持ちで、ぜぇぜぇ苦しそうで咳がひどくなって本当に見ててかわいそうになります‥( ;∀;) 喘息は一年を通して発作を起こしますが、喘息の発作は季節によって起こしやすい時期があります。特に今の季節は、毎日のように夜、明け方に咳き込み、苦しそうで‥。 喘息は9月~10月が最も多く、次いで4月~5月が発作を起こしやすいと言われています。

暑い時期から寒い時期へ変わるときや、朝晩の冷え込みが強くなるときに喘息を起こしやすくなるそうです。

また、気温の変化に加え、最近たびたびやってくる台風…(;´・ω・)この気圧の変化も、喘息を起こす原因とされています。気圧が低下すると、血管が膨張し気道粘膜からの分泌物が増えるため、喘息症状が悪化すると言われています。喘息の方は気圧の変化が、気管支を刺激して発作を起こしやすくなります。台風でなくても雨を降らす低気圧の接近で気圧は下がりますので、雨の降る前日は発作が起こりやすいといいます。

 

さらに、発作を起こしやすい「時間帯」というのもあるんです。一般に喘息の発作が起きやすい時間は夜です。病院も閉まっている…子どもは苦しそう…夜間に連れて行くべきか、薬でおさまるのを待つべきか‥判断に困りますよね( ;∀;) 夜は副交感神経が優位に働くため、気管支の緊張が起こり喘息の発作が起きやすくなるんです。朝方の午前4時~5時にかけて、気管支が一番細くなるデータがあります。

 

喘息の症状で苦しんでいる患者さんはたくさんいらっしゃいます。

喘息の治療は、西洋医学よりも東洋医学の方が完治しやすいといわれています。

鍼灸治療によって、全身の症状が改善するため、当院の多くの咳喘息患者さんの症状が改善されました。喘息でお悩みの方、鍼灸治療で症状を改善していきましょう。

 

すぎおか鍼灸接骨院

TEL 078-947-7628

明石市魚住町西岡323-1

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA